仮想通貨のハッキングによる盗難を防ぐ方法

安全な取引所を利用する

仮想通貨の取引所は国内外に複数のサービスがありますが、中には金融庁の認可を得ていない場合もあります。取引所を選ぶ場合には金融庁の認可を得ていることを基準に選び、資本金や運営年数なども参考にすると良いでしょう。有名な取引所であればハッキングなどで仮想通貨が盗まれるリスクは少ないですが、国外などの怪しい取引所の場合にはハッキング被害を受けやすいです。また金融ノウハウがしっかりとしている取引所であれば、セキュリティが厳重な場合が多いので比較的安全だと考えられます。

ハードウォレットを使ってネットから遮断する

通常であればウェブウォレットで仮想通貨を保管することになり、常にインターネットに接続されているので、ハッキングによる被害を受けやすくなります。しかしハードウォレットで保存しておけば、インターネットから遮断できるため、ハッキングから仮想通貨を守ることが可能です。ハードウォレットを使って送金する場合には本体のボタンを押して認証したり、PINコードを入力することになるのでセキュリティもより厳重になります。

日頃からのセキュリティ意識も重要

取引所のパスワードを複雑なものにしていても、フィッシング詐欺などでパスワードが盗まれると意味がありません。メールなどでパスワードの変更を促して取引所に似せたサイトでパスワードを盗む手法なども多く、日頃からセキュリティ意識を高めておく必要があります。その他にもウィルス対策ソフトを導入したり、怪しいURLにアクセスしないなどの方法でも、セキュリティを高めて仮想通貨を守ることが可能です。

仮想通貨はその送金スピードやできる事によって価値が違ってきます。仮想通貨の比較をする時はそのような事を考慮に入れれば良いです。