私立の通信制高校のメリットって何?公立を選ぶメリットは何?

私立の通信制高校のメリット

学校を運営しているのがどこかによって種類分けがされます。公立は都道府県や市区町村などが運営する学校になり、比較的授業料などが安く設定されています。私立は民間の学校法人などが運営する学校で、授業料などは学校によってかなりばらつきがあります。通信制高校といえば公立よりも私立の方がよく知られているかもしれません。私立を利用するメリットとして学習サポートがしっかりしているところがあるでしょう。通信制での勉強は自主性が求められます。学びたい気持ちがかなり強くないといけませんが、高校生ぐらいだとその気持ちが弱い人もいます。私立では自宅での勉強がうまくいかないときにいろいろサポートしてもらえるので、卒業がしやすくなります。

公立の通信制高校のメリット

親が子供に高校に行かせるとき、できれば公立に行ってもらいたいと考えるでしょう。公立は私立に比べると学費が安くなるからです。進学は私立の方がしやすい時もありますが、レベルの高い公立高校なら有名大学への進学率も高くなります。通信制高校にも公立があり、私立に比べると地味ですがいろいろとメリットがあります。まず学費がかなり安くなります。運営方法は全国的によく似ていて、レポートとスクーリング、学科試験で単位を認可していきます。私立のような積極的なサポートは少なく、レポートを出さなくても特に催促されたりはしません。スクーリングの頻度がそれなりにあるので、わからないところがあるときはその時にどんどん聞くと良いでしょう。

通信制高校を名古屋にするならサポート校の高等学院があります。全日制高校で上手く行かずに転校する人が多いですが、一人一人の表情などを確認しながら悩んでいる場合は、すぐに声がけするように努めます。