労働相談のプロ!社会保険労務士の仕事内容とは?

社会保険労務士は労働者を守る仕事

社会保険労務士はどのような仕事をしているのかというと、大まかに言えば労働者を守る仕事だと言ってよいでしょう。労働条件に関する相談に乗ることや、労働基準法をベースとして労務に関する是正などを企業側に行う仕事などが主な社会保険労務士の仕事にあたります。また、企業によっては自主的に社会保険労務士を設置しているところもあるため、そのような企業に雇用された場合は労働者に適切な労働環境を提供できるような働きをすることもあります。

就業規則を作成する際の相談に乗る

社会保険労務士の大きな仕事の一つであるのが、企業が作成する就業規則の相談に乗ることです。就業規則はその企業に雇用される労働者に対して施行されるものであり、雇用する側としては必ず作っておかなければならないものの一つになります。就業規則は労働基準法などの労働に関する法律をベースにして作成しなければならないため、社会保険労務士が積極的にその作成時に相談対応をすることで法的に間違いの無い就業規則の作成が可能になります。

労務診断への対応を行う

企業で働いている労働者は、その労働が適切なものかどうか判断できない部分があります。本人が過酷な労働であると感じていても、法的には問題が無いこともありますし、その逆で労働者が劣悪な環境で働かされてしまっていることも少なくありません。そのような適切な雇用形態が提供されているのかという点で、社会保険労務士は労働診断への対応を行うこともその職務の一つとして認められています。

社会保険労務士の就業規則作成・診断サービスは、労働問題のプロに会社の規模などに応じた適切な就業規則を作ってもらえるサービスです。プロによる診断により労働問題のリスクを未然に防ぐ効果が期待できます。