離婚したいなら弁護士に相談!!アドバイスをもらおう!!

協議離婚が難しくなったときに相談

結婚は他人同士が行いますが、これにより法的な権利がいろいろ得られるようになります。一方離婚は結婚をしている者同士が行う行為で、これによって結婚で得られる法的な権利が失われるときがあります。結婚も十分考えて行う必要がありますが、離婚はそれ以上に考えて行う必要があります。まずは当人同士の話し合いで行う協議離婚での解決を目標にしますが、解決が難しいなら弁護士に相談すると良いでしょう。話し合いがうまくいかないときは互いの言い部分に食い違いが生じています。子供がいるなら親権があるでしょうし、財産分与の面で納得できない部分があるかもしれません。法律の素人同士が話をしても先に進みにくいので、専門家の目からどうすべきかを聞くと良いでしょう。

冷静な話し合いができないなら弁護士に相談

大人はそれなりに人生経験があるので、いろいろな問題を話し合いで解決しようとします。ときに納得できない内容で言いくるめられたりするでしょうが、黙って受け入れるのも大人の対応の一つと言えます。しかしあまりにも納得できない内容だと冷静さを失うときもあります。離婚の話し合いをするとき、どうしても相手が許せない行為をしたときなどは冷静さを失うときがあります。相手が浮気をしたり生活態度に問題があるときなどです。その時は弁護士に相談をしましょう。相手が許せないなら慰謝料など納得できる結果が欲しいでしょうが、素人だといくらが妥当なのかなどがわかりません。弁護士に相談すれば納得のいく離婚ができるよう色々な提案を受けられます。

mikataは、民事事件の着手金や成功報酬など、弁護士費用を補償してくれる「弁護士保険」を提供しています。