安心できる運用が大事!信頼性のあるビットコイン運用方法

コールドウォレットを使うのが基本

ネットワーク上に保存をするのが仮想通貨の特徴です。これは普通に通貨ではなくデータなので現物が無いのが特徴と言えるでしょう。それだけにハッキング被害に合ってしまうと仮想通貨のデータを別の場所に送信される可能性があります。人気の仮想通貨ビットコインも被害に合う可能性があるので注意しておくといいです。
ハッキングを回避する手段は1つでコールドウォレットを使用するのが理想的と言えます。コールドウォレットとはネットワークとは別の場所に保存するもので、例えばUSBストレージの中に保存するといった手段です。オンラインでない状態ならハッキングされないため極めて安全性が高いといえます。注意点としてUSBタイプといったハードウェアウォレットに保存したときは本体そのものをなくさないようにしましょう。
紛失してしまうと貯めていたビットコインが使えなくなってしまうからです。名前のとおり財布の役割を持っているので注意が必要と言えます。

安全な販売所の選び方

ビットコインを買うときには販売所を利用します。ここでアカウントを作成すると同時にウォレット作成を行うのが基本です。安全な販売所を利用するのが基本なので選び方を理解しておくと便利と言えます。
販売所ではもしものときのために保険を用意しているところがあり、これは損害保険に該当するもので保険対象金額が決まっているのが特徴です。ただし日本円のみに対応するためハッキングにより奪われてしまったビットコインは返ってこない仕組みをしています。
サイトにログインをするときには二段階認証を行っているところがおすすめです。より安全性が高まるので販売所を比較するときに使えます。

2018年7月、日本仮想通貨交換業協会はビットコインでFXをする場合の倍率を4倍以内とする自主規制ルールを設ける調整をしていると報じられました。これによって取引所のレバレッジが変わる可能性が高いです。