自動車保険を選ぼう!ディーラーで依頼するのがベスト?

ディーラーで申し込むとメリットは大きい

自動車保険は新車や中古車を購入したときに販売店やディーラーの提案する保険に入ってしまうケースが多々あります。特に新車を購入したときにディーラーに任せて自動車保険に入ると充実した内容になっているのが魅力です。保険を選ぶときにも詳しくオプションについて説明してもらうことができ、納得できる内容で申し込めます。ディーラーに任せるメリットとして、何かトラブルがあって本当に保険請求をしなければならなくなったときに全面的なサポートをしてくれることが挙げられます。保険請求や車の修理、相手との交渉などを一手に引き受けてくれるのが一般的です。何かあったときに手間をかけたくないという人はディーラーで申し込んでおくのが無難でしょう。

費用面を考えるなら比較して選ぼう

ディーラー保険のデメリットとして保険料が高いことが挙げられます。自動車保険の氷筍料金に近い金額になってしまうので、安いものを探せば半額未満になることも珍しくありません。保険を使うようなことはあまりないからとりあえず入っておけるだけで十分という場合には、ディーラーから提案された保険への加入は断りましょう。自分で自動車保険を探して最安のものを探す方が賢明です。どの程度安くなるかは車種や年式などにもよりますが、網羅的に比較してみるとかなり安くできます。保険請求をするときに手間がかかりがちなのは確かですが、安い方がもっと重要だという人はディーラーには断りを入れて、積極的に安い保険を探しましょう。

自賠責保険だけでは万が一の自動車事故が起こった場合の保証金額が足りないことが多いので、そこを保証する自動車保険に加入すると安心です。