あなたもきっと描ける…イラスト上手に描く方法

イラストを描けるようになろう

徒競走が早ければリレーの選手になれるし、そうなれば学校でも有名になれます。ピアノやギターで弾き語りができれば、みんなの憧れの的になるでしょう。趣味を通じて自分をアピールすると異性からモテるかもしれません。もしも絵が得意で描くことが好きなら、イラストを始めてみるのもいいかもしれません。素敵なイラスト、可愛いイラストなど色々なイラストをすらすらと上手に描けるようになると、間違いなく周りの人から注目されます。絵に興味のある方はイラストを練習してみるといいですよ。

イラストはこんな風に描こう

実物そっくりに絵を描くことができるのは凄いことだと思いますが、それはイラストではありません。イラストはもっと単純で、例えば矢印やハートなどの記号に近い絵になります。適当な丸を書いたその中に点二つと横棒線を描けば人の顔になります。これくらい簡略化された絵ならほんの1、2秒で描くことができます。被写体にもよりますが、イラストはこれくらい素早く簡単に描くことができるのです。複雑な精密機械でも大体こんな感じ…というような描き方をするとイラストっぽくなります。

上手なイラストを見て勉強する

イラストが上手になりたければ、自分よりずっと上手なプロのイラストを見るといいでしょう。イラストを勉強するならただ見るだけではなく、描かれている線をなぞってみるのもいいです。お気に入りのイラストにトレーシングペーパーを敷き、その線を写すのも勉強になります。トレーシングペーパーがない場合は半紙でも代用できます。半紙は安くて枚数も多いので、絵を勉強する方の必需アイテムになっています。

イラストの講座は、漫画家・イラストレーターを目指す本格派から趣味として気軽に書けるものまであります。通信・通学、ネットで勉強をするなど、自分の生活に合わせて講座を選ぶといいでしょう。