心理学を学びたい!大学で専攻するにはどうしたらいいの?

心理学とはどんなものか?

心理学とひとくちに言っても、恋愛心理学や犯罪心理学など様々なジャンルがあります。心理学とは、人間の心の動きについて研究する学問であり、歴史は古いと考えられていますがまだまだ判明していないことが多い分野です。心理学は、行動心理学や認知心理学といった学問的要素が強いイメージがありますが、その一方で恋愛や、身近な人間関係などにも応用される分野であるといえます。相手がどんなことを考えて行動しているのかを知ることが出来れば、相手に合わせて自分も動くことができるため、よりよい関係を築くことができるでしょう。とはいえ、他人の心の動きを知るのは簡単なことではありません。他人の心を知るヒント得るためにも、心理学を学ぶことは有効であると考えられます。

心理学を大学で学ぶなら?

心理学を大学で学ぼうと考えている場合、心理学部や心理学科がある大学を選ぶ必要があります。心理学部という名称でなく、文学部の人文社会学科や、総合人間科学部、人間関係学部などの学部でも、心理学科がある大学が多いため、心理学を専攻することが可能です。それぞれの大学、専門的に扱っている分野は異なるので、事前にチェックしておく必要があります。特に心理学を学び、将来心理学を活かした職業に就きたいと考えている場合は、専門的な資格を取得できたり、実用的な研究を行うことができる大学を選んだ方がよいでしょう。社会人になってから心理学を学びたい人は、通信制の大学で心理学を学び、各種資格の取得を目指すことも可能です。

現代で需要が高まっている心理学は、教える心理学の大学も多く存在します。教える内容としては大学によって様々で、中でも人気なのが臨床心理学です。